子供好きの方に大人気!看護師として保育園・幼稚園で働こう

保育園看護師に似た仕事 - 幼稚園看護師

最近増えている看護師の職場として挙げられるのが、幼稚園です。最近では常駐で看護師の方を配置する幼稚園も増えてきています。幼稚園にいる子供はまとまって行動する事が多いため、流行の病気などに一人がかかると、周りの子もかかってしまうという事もあります。

こういった時に保健の先生だけでは対応がしきれないケースもあり、そういった予防のためにも看護師の力が必要になっています。また、これ以外にも医療的な観点から子供の怪我や病気を見てあげられるのも看護師のメリットです。

最近では、アレルギーを持った子供も増えているため、そういった子供のケアも看護師ならその症状を見て、医師や先生、両親と協力して対策や予防を行っていく事ができます。また、保護者などに症状を説明するという事もあります。

最近は大人でも症状の幅は広がってきており、子供も例外ではなく、子供特有の病気というのも増えてきています。

さらには、子供だけでなく、幼稚園の職員の方の健康のケアをする事もあります。子供と接する中で先生が子供から病気をうつされてしまうという事もあります。そういった時に応急処置ができたり、定期的に健康診断を行う事により、職員の方も子供も健康に過ごす事ができます。

看護師の方は人と接したり、子供好きな方も多いので、幼稚園で働く看護師は人気が高く、まだまだ看護師を置いていない幼稚園はあるため、今後も増えていくと予想されている職場です。

資格としては看護師の資格だけで勤務できる職場もありますが、保健師の資格も合わせて持っている方を募集している職場もあります。職場によって異なるため、検討している所があればチェックしておきましょう。

保健師資格を持っているとこういった健康のサポートの業務を幅広く行えるため、看護師の次のステップとしてこの機会に取るのもお勧めです。第一種衛生管理者という資格も持っておくと、職員の健康サポートもより本格的に行う事ができます。

看護師が転職する場合の方法をいろいろ比べてみました

「看護師専門の転職支援サイト」「求人雑誌」「友だちからの紹介」「ハローワーク」など、看護師が転職するときには、いろいろな方法があります。ここでは、看護師が転職する場合の方法をいろいろ比べてみました。メリットもデメリットもあるのが分かると思います。

1番目はスピード面です。「看護師専門の転職支援サイト」は専任コンサルタントとスマートフォンや携帯電話でやりとりすることもあるので早いです。「求人雑誌」の場合も直接のやり取りですからスピードは速いですが担当者によって違う面があります。

「友だちからの紹介」は気心もしれていますから話が前に進みやすいです。「ハローワーク」の場合は、まず履歴書の送付からスタートするので時間はかかります。もっともスピード面で良いのは、「友だちからの紹介」でしょう。

2番目は情報量の面からです。「看護師専門の転職支援サイト」は社内の雰囲気や非公開求人情報もあるのでメリットは多いです。「求人雑誌」は掲載されいてる情報以外は自分で問合せをしなければならないので面倒です。

「友だちからの紹介」の場合は、内情は分かりやすいですが条件面などは正確でないかもしれません。「ハローワーク」は、一般的な求人情報は詳しく記載されていますが専門的な情報は皆無と言っていいでしょう。これは、「看護師専門の転職支援サイト」が一番優れています。

3番目は自分のペースで求人活動ができるかどうかです。「看護師専門の転職支援サイト」の場合は、専任コンサルタントから急かされる場合があります。「求人雑誌」「ハローワーク」は自分自身で応募のタイミングは決めることができます。「友だちからの紹介」は急募のケースは間違いなく急かされるでしょう。

4番目は条件交渉がしやすいかどうかです。「看護師専門の転職支援サイト」は、紹介料のからみがあるので交渉は難しいでしょう。「求人雑誌」「ハローワーク」の場合は、応募が少ないという場合は可能でしょう。「友だちからの紹介」ならば、急募ならば可能性はあります。

以上、看護師が転職する場合の方法をいろいろ比べてみましたので参考にしてみてください。

↑ PAGE TOP