看護師が満足度の高い転職をするには

訪問看護師の転職時期はいつが有利か

一般の会社員も転職する時期で良い時期とあまり良くない時期というものがあります。看護師は、離職率や転職率、再就職率などの点で、他の職業よりも高くなっていますが、こうした転職する時期も有利不利がけっこうありますから、把握しておくと有利な転職にもつながります。

●3月から4月
ちょうど年度が変わる時期です。 区切りということもあり、求人数が最も多い時期なので転職には適したタイミングとしては、いいかもしれません。

また、病院の中でも各診療の間で勤務移動が集中し、配置を考える時期でもありますから、この時期より少し前に内定が決まっている場合には、自分が望む診療科に配属する可能性も高くなってきます。

できれば、年が明けた頃から情報収集や面接などの就職活動を始めておくと、この時期に転職が可能となります。

●7月から9月
6月にはちょうどボーナスが支給される時期です。 つまり、この時期の転職は「ボーナスをもらったことだし、転職するぞ」という感じです。

しかし、この時期は4月の大きな異動がようやく治まって求人数も激減する時期です。 夏休みなどで、転職活動もしやすいのですが、逆に求人側の人事の人達も夏休みを取ったりするため、求人を積極的に行うところは少なくなります。

この時期に転職するなら、夏のボーナスを手にする前から、水面下で活動をはじめ、「これだ!」と思える職場を見つけたら、ボーナスをあきらめるくらいの気概が必要かもしれません。

●10月から
夏のボーナスをもらってから転職活動を始めると、次のボーナスはちょっともらえないかもしれません。 あまり欲張るのもよくありませんが、ボーナスの査定は勤務期間半年以上、夏は年度の前半ですし、冬は年度の後半がその対象になるところがほとんどです。

この時期に再就職すると後半の評価が0になるわけですから、次のタイミングを見計らうのもひとつの方法かと思われます。 転職には確かにタイミングが必要ですが、必ずしも給与を意識しない転職もあるのではないでしょうか。

辛い人間関係を解消できるならボーナスがなくてもいいという人もいますし、人には「今しかない」というタイミングもあるので、自分の未来を予想しながら十分納得のできる転職をしましょう。

看護師の転職失敗の理由とは

看護師が転職する理由は

・職場の人間関係
・夫の仕事の関係などで引越をするため
・結婚・出産・育児

などとなっています。

しかし、転職理由と転職の「失敗」は微妙に違っているのが看護師の転職失敗の理由からうかがえます。

転職失敗の理由としては

■勤務条件や契約内容の相違
■職場の人間関係が劣悪
■自分のキャリアが十分活かせることができない
■給料面および待遇面の相違
■職場の環境や雰囲気
■休暇がとれない
■人員不足のため仕事量が多い

などが上げられます。

実は、これらの転職失敗には事前に回避することができることが多く、こうした後悔することなく転職が可能になります。

こうした失敗は、求人先、あるいは転職先との徹底的な「ツメ」が甘いことが考えられます。

「今の職場から1日でも早く解放されたい」「もっといい条件の職場を決めたい」そうした心理が「早く」という焦りにもつながるのでしょうが、面接などで言いたいことが言えないということもひとつの原因になっています。

こうした「聞きにくい」ことも含めて転職サイトに登録しておくとメリットがたくさんあります。 転職サイトに登録しておくと、担当もコンサルタントが不明な点や質問にも的確に対応してくれます。

担当のコンサルタントも、元看護師だったという人も多く、医療機関の独特な環境にも精通しているので相談しやすくなっています。 特に給料や待遇面は金額をみれば自分でもおよそのことはわかりますが、勤務条件や契約内容の相違、休暇や仕事量などは他の病院などを斡旋しているコンサルタントでなくては比較しようがないため、そのノウハウは非常に貴重だといえます。

転職サイトの場合、担当コンサルタントがこうした契約に関することも代行してくれますし、病院関係の業界に精通した転職のプロということもあり、非常に安心できます。 実際に転職してから、確認した契約内容と違うことが分かった場合、転職サイトに相談することですぐに対応してもらえるので安心です。

↑ PAGE TOP