託児所付の求人は人気が高いです!

ママさん看護師が重視する託児所

せっかく苦労して国家試験である看護師の資格を取っても、結婚や出産をきっかけに看護師を辞めてしまう人はとても多く、それほど看護師の仕事はハードだということの証明だともいえます。
人気ある派遣看護師‥その理由は?

しかし、赤ちゃんの時は考えられなかったけれど、ある程度子供が大きくなれば、家計のためにも再び看護師に復活したいという人も多いのが実情です。

みなさん看護師という仕事が好きで、誇りを持っているので子供のことや家庭への負担が少しでもなくなれば、看護師としての復活を望んでいる人がとても多くいます。妊娠出産を機に勤めていた病院を辞めなければならない、あるいは復帰できないといった大きなネックが勤務先の病院に託児所がないことです。

もし、民間の託児所に預けたとしても、夜勤の場合どうするか、急に熱が出たなど、その時のお迎えはどうしたらいいのか、さらに民間の場合、保育料が高すぎるなどいろいろな問題があり、復帰するにもハードルが高くなるばかりです。

病院では、ママさん看護師の現場復帰を応援するため、あるいは看護師の確保のためにも託児所は重要となっています。そのため、最近では託児所を持つ病院が増えてきて、子供が病気の場合にも預かってくれる院内保育園の充実が図られています。

しかし、大学病院や総合病院などの大きな病院に設置されていることが多く、中小の病院ではとてもそのような施設を設けることなどできません。 実際には民間の24時間営業の託児所を利用しているママさん看護師も多いのではないでしょうか。

待機児童も含めて、まだまだママさん看護師が安心して働ける環境にはほど遠いともいえます。 看護師の転職では、転職サイトや人材派遣会社に託児所の希望を出しておくことも必要です。

託児所を運営している病院は数に限りがあり、子供を連れて病院に出勤することを考えると、できるだけ家から近い病院を選びたいものです。そのため、なかなか希望通りの職場は見つけにくいかもしれませんが、転職サイトに登録して、できるだけ条件に見合った求人情報を紹介してもらいましょう。

大きな病院に勤めるメリットとは

大きい病院、つまり総合病院や大学病院ということですが、つい最近までは病床数が100以上で内科や外科、産婦人科、眼科や耳鼻科といった主要な診療科を設置している病院と規定がありました。

しかし医療法の改正によってこの規定は廃止されましたが、それでも入院施設が整っており、診療科目も多く揃っている病院であることに変わりはありません。 看護師が転職する場合、やはりこうした総合病院、大学病院などの大きな病院を希望する人が多く、そのぶん競争率は高くなります。

その理由としては、学歴があって最初から大きな病院で働くことを希望する人もいますが、ごくわずかです。ほとんどは、仕事の知識と経験を積んでスキルが上がってくると、「もっと最先端の医療を学びたい」「最新の医療現場で仕事がしたい」と大きな病院に転職を希望する人が増えてきます。

さらに、大きな病院は、やはり安定していますし、福利厚生やキャリアアップの支援など充実しています。結婚して子供が生まれた場合にも、仕事と家庭が両立できるように院内保育が充実していたり、環境的にも恵まれています。

大きな病院への転職の方法としては、いろいろな方法が考えられます。ハローワークや求人情報でも募集していることはありますが、大きな病院でさらに人気がある場合、病院側が特定の転職サービス会社に依頼することも少なくありません。

なぜなら、ある程度転職サービス会社で優秀な人材をセレクトしてくれるからです。 その場合、やはり募集が殺到することが考えられるため、非公開情報としてネットに掲載されることも多く、登録していないと情報が得られません。

ですから転職サービスに登録しておけば優先的に条件の良い大病院を探してもらえるため、チャンスも広がります。

また、大病院のほとんどがホームページを設けているので、希望している病院があれば、時々閲覧しみましょう。定期的な募集、あるいは不定期な募集を含めて求人が掲載されることもあるのでチェックしましょう。